coyote_img.jpg

Coyote's Journey

Coyote meets Patagonia
ヴェンチュラ、リノ。パタゴニア取材日記。


第2便<リノ>

9月発売の『Coyote』では、世界的なアウトドア・メイカーである「パタゴニア」を大特集する。現在、ネヴァダ州リノ、カリフォルニア州ヴェンチュラ、ワイオミング、ハワイの4つの場所で、Coyoteの取材が行われている。

文&写真=今井栄一 text & photography by Imai Eiichi
02_01

【環境への負荷を最大限に下げた社屋】

 およそ150人のスタッフが常勤するパタゴニアの「リノ・サービスセンター」が完成したのは、1996年6月。その後、建物は一部拡張され、現在に至っている。ネヴァダ州リノの町中を流れるトラッキー川、その上流の川沿いに、その大きな建物はある。
 建物の表側の一角に、パタゴニアのアウトレットショップがある。サービスセンターとオフィスへ入るには、建物の裏側へ回り込む。裏へ回ると、そこはトラッキー川の川沿いで、樹木が並び、鮮やかな緑が風に揺れている。車を停めて外に出ると、川の流れる音が耳に響いて心地いい。

 川からすぐのオフィス入り口へ向かっていくと、木立の隙間に太陽光パネルが見える。このセンターは、「環境に負荷をかけることを可能な限り抑えた」建築物として知られている。「エコ・ビル」と呼ぶ人たちも多い。完成時に高い評価を得て、その後も世界中から、建築家や倉庫の管理関係者らが見学に訪れるという。

 センターの中心部に入ると、高い天井に無数の天窓があり、電灯は必要最低限しか点けられていない。稼働していない場所は完全に電灯が消されるし、人がいないと自動的に消え、人がやって来ると点くというシステムになっている。
 リノは乾燥した砂漠気候の町で、夏の日中の気温はときに摂氏40度を超える。だが、一部の場所をのぞいて、ここでは可能な限りエアコンは使わないようにしている。ナイト・フラッシュ・シテスムという方法が取り入れられているという。砂漠地帯の特徴として、日中は暑くなるが、夜はぐっと気温が下がり、寒いくらいになる、ということがある。その特徴を生かしたのが、ナイト・フラッシュ・シテスムだ。夜間のうちに冷えた外気を内部に取り入れ、同時に、日中温まった空気を外へ出す。このように夜間を通して空気を入れ換えることで、あとは断熱材の活用によって、エアコンの不要な工場を作り上げたのだ。



  • 02t
    NEWシシュマレフ校の子供たち
    わたしにオーロラの輝きを!

    Coyote's Journey
  • 01
    NEWサワドウ・ホットケーキの朝食
    クリフォード・ウェイオワナ一家の暮らし

    Coyote's Journey
  • 07t
    NEW名前のない通りを散歩する
    「シシュマレフ村の家並み」

    Coyote's Journey
  • 06t
    Coyote meets SUNSHINE + CLOUD
    トーク&出張ラブナイトLIVE

    Hints & Events
  • 05t
    Coyote on Radio!
    【Coyote Traveling〜
    星野道夫の世界】

    Hints & Events
  • 04t
    RED OBSESSION
    『世界一美しいボルドーの秘密』

    Cinema & Books
  • 03
    星野道夫の暮らし

    Coyote's Journey
  • 02t
    星野道夫の暮らし

    Coyote's Journey
  • 01t
    コヨーテの音楽
    Soundtrack for Coyote

    Music for Travelers
  • 02t
    コヨーテの音楽
    Soundtrack for Coyote

    Music for Travelers
  • 01t
    ジャンフランコ・ロージ監督
    『ローマ環状線、
    めぐりゆく人生たち』

    Cinema & Books
  • 05
    コヨーテの音楽
    Soundtrack for Coyote

    Music for Travelers
cover_53_fin_ol
COYOTE  No.53
特集:
アラスカ 星野道夫の暮らし
2014年9月15日発売
1,080円 (うち税 80円)
house
テッド・クーザー×
ジョン・クラッセン×
柴田元幸

木に持ちあげられた家
2014年10月25日発売
2,052円
(うち税 152円)
yukon
佐藤秀明写真集
Yukon
2014年10月15日発売
1,296円
(うち税 96円)
book_american
柴田元幸翻訳叢書
『アメリカン・マスターピース』
2013年10月05日発売
2,268円 (うち税 168円)
kkrh_01
柴田元幸翻訳叢書
アーネスト・
ヘミングウェイ

『こころ朗らなれ、誰もみな』
2012年11月15日発売
2,592円 (うち税 192円)
SW3301
Vol.33 No.1
ネ申ゲー1oo ゲームが未来を変える
2014年12月20日発売
972円 (うち税 72円)