coyote_img.jpg

Coyote's Journey

Coyote meets Patagonia
ヴェンチュラ、リノ。パタゴニア取材日記。


第5便<ヴェンチュラ3>

9月発売の『Coyote』では、世界的なアウトドア・メイカーである「パタゴニア」を大特集する。ネヴァダ州リノ、カリフォルニア州ヴェンチュラ、ワイオミング、ハワイの4つの場所で、Coyoteの取材が行われた。

文&写真=今井栄一 text & photography by Imai Eiichi

 パタゴニア本社取材の日々、毎日ランチは、本社内のカフェテリアで食べた。 というか、実際「食べた」のは、毎日屋外だった。カフェテリアのランチは基本ブッフェ・スタイルだから、自分で好きなものを皿に載せるというもの。カフェテリア内でも食べられるのだが、本社には、外にもたくさんテーブルや食べる場所があった。で、僕は、カフェテリアで自分の皿にランチを盛りつけると、外のピクニック・テーブルに持っていき、外で座って食べた。それは、とても心地いいランチ・タイムだった。
 パタゴニア本社の社員が、毎日ランチをどのようにしているのか、正確なところはわからない。自分でランチボックスを持ってきている人もいるはずだし、ランチをパスすする人もいるだろう。東京のオフィス・ワーカーのように、ランチ・タイムに外へ出て、どこかの店で食べるという人もいるかもしれない(たぶん、これは少数派。あるいはスペシャル・オケイジョンにだけそうするのだろうと想像する)。たぶん、多くの社員が、カフェテリアの食事をとっているような印象を受けた。

  • 02t
    NEWシシュマレフ校の子供たち
    わたしにオーロラの輝きを!

    Coyote's Journey
  • 01
    NEWサワドウ・ホットケーキの朝食
    クリフォード・ウェイオワナ一家の暮らし

    Coyote's Journey
  • 07t
    NEW名前のない通りを散歩する
    「シシュマレフ村の家並み」

    Coyote's Journey
  • 06t
    Coyote meets SUNSHINE + CLOUD
    トーク&出張ラブナイトLIVE

    Hints & Events
  • 05t
    Coyote on Radio!
    【Coyote Traveling〜
    星野道夫の世界】

    Hints & Events
  • 04t
    RED OBSESSION
    『世界一美しいボルドーの秘密』

    Cinema & Books
  • 03
    星野道夫の暮らし

    Coyote's Journey
  • 02t
    星野道夫の暮らし

    Coyote's Journey
  • 01t
    コヨーテの音楽
    Soundtrack for Coyote

    Music for Travelers
  • 02t
    コヨーテの音楽
    Soundtrack for Coyote

    Music for Travelers
  • 01t
    ジャンフランコ・ロージ監督
    『ローマ環状線、
    めぐりゆく人生たち』

    Cinema & Books
  • 05
    コヨーテの音楽
    Soundtrack for Coyote

    Music for Travelers
cover_53_fin_ol
COYOTE  No.53
特集:
アラスカ 星野道夫の暮らし
2014年9月15日発売
1,080円 (うち税 80円)
house
テッド・クーザー×
ジョン・クラッセン×
柴田元幸

木に持ちあげられた家
2014年10月25日発売
2,052円
(うち税 152円)
yukon
佐藤秀明写真集
Yukon
2014年10月15日発売
1,296円
(うち税 96円)
book_american
柴田元幸翻訳叢書
『アメリカン・マスターピース』
2013年10月05日発売
2,268円 (うち税 168円)
kkrh_01
柴田元幸翻訳叢書
アーネスト・
ヘミングウェイ

『こころ朗らなれ、誰もみな』
2012年11月15日発売
2,592円 (うち税 192円)
SW3301
Vol.33 No.1
ネ申ゲー1oo ゲームが未来を変える
2014年12月20日発売
972円 (うち税 72円)