coyote_img.jpg

Cinema & Books

イヴォン・シュイナードの本棚


06
絵=赤井稚佳 文=新井敏記
illustration by Akai Chika text by Arai Toshinori

真のリーダーシップとは何か、教えてくれる1冊。

 1914年12月、イギリス人探検家アーネスト・ヘンリー・シャクルトンは、エンデュアランス号という3本マストの木造帆船で南極大陸横断に挑戦した。南極大陸横断は最も壮大でかつ傑出した探検であると、シャクルトンは確信していた。南極点に行って帰ってくる旅よりはるかに価値があり、これを成し遂げることは北極点、南極点到達を他国に先を越されたイギリスの海洋王国としての威信にかかわっていた。
 冒険に先駆けてシャクルトンはロンドンの新聞に探検隊員募集の広告を掲載した。
「求む男子、至難の旅、僅かな報酬、極寒、暗黒の日々 絶えざる危険、生還の保証なし、成功の暁には名誉と賞賛を得る」
 5千人以上の志願者がこの募集に殺到したという。その中からシャクルトンが選んだのは28八人、頑固で辛抱強い、魅力的な人々だった。計画はウェッデル海に船を進め、南緯78度、西経36度の地点で6名の隊員と70頭の犬から成る犬ぞりのチームを下ろす。並行するように別の船を南極大陸の反対側、ロス海の西岸に向かわせベースキャンプを張って食料基地を設置する。帰路はベアドモア氷河に向かうというものだ。探検の計画はリスクをともない、向こう見ずと批判もされたが、大胆にして理知的と賞賛もされた。
 探検家の間でまことしやかに流布されている言葉がある。科学的な指導力ならスコット、素早く能率的に旅することにかけてはアムンゼンが秀でている。しかしあなたが絶望的な状況にあって、なんらかの解決策を見いだせないときには、ひざまずいてシャクルトンに祈るがいい、と。
 座礁し沈没したエンデュアランス号、探検隊員たちは氷の海に取り残されてしまう。極寒と食料不足、疲労、凍傷などの病気が彼らをたえまなく襲う。漂流は17カ月に及んだ。しかしシャクルトンは難局にあってますます闘志を燃やし、想像を絶する危険を乗り越えていく。南極大陸横断の探検には失敗したが、28名全員を生還させた偉業によって彼には遥かに大きな賞賛が与えられた。
 シャクルトンの相貌、肉付きのいい広い肩、太い首、鋼鉄のような顎、いつも何かに想いをめぐらしているような瞳。決断力にあふれ一本気だった彼は、隊員から「この世に生を受けた最も偉大な指導者」と慕われる。イヴォン・シュイナードがこの書を選んだ理由、それは真のリーダーシップとは何かと問うたことにある。

【読書家のイヴォン・シュイナードが選んだ10冊】
10 Books Selected by Yvon Chouinard

1『ENDURANCE』Alfred Lansing
 『エンデュアランス号漂流』著者アルフレッド・ランシング

2『Annaprnna』Maurice Herzog
 『処女峰アンナプルナ〜人類最初の8000米峰登頂』著者モーリス・エルゾーグ

3『The White Spider』Heinrich Harrer 

4『The Last Blue Mountain』Ralph Barker
 『最後の青い山』著者ラルフ・バーカー

5『Mawson's Will』Lennard Bickel 
6『The Long Walk』Slavomir Rawicz
 『脱出記〜シベリアからインドまで歩いた男たち』 スラヴォミール ラウイッツ

7『The Tiger』John Vaillant 

8『The Angler's Coast』Russel Chatham 

9『Uttermost Part of the Earth: A History of Tierra del Fuego and the Fuegians』E. Lucas Bridges 

10『Tha Beak of the Finch: A Story of Evolution in Our Time』Jonathan Weiner   『フィンチの嘴』ジョナサン・ワイナー
  • 02t
    NEWシシュマレフ校の子供たち
    わたしにオーロラの輝きを!

    Coyote's Journey
  • 01
    NEWサワドウ・ホットケーキの朝食
    クリフォード・ウェイオワナ一家の暮らし

    Coyote's Journey
  • 07t
    NEW名前のない通りを散歩する
    「シシュマレフ村の家並み」

    Coyote's Journey
  • 06t
    Coyote meets SUNSHINE + CLOUD
    トーク&出張ラブナイトLIVE

    Hints & Events
  • 05t
    Coyote on Radio!
    【Coyote Traveling〜
    星野道夫の世界】

    Hints & Events
  • 04t
    RED OBSESSION
    『世界一美しいボルドーの秘密』

    Cinema & Books
  • 03
    星野道夫の暮らし

    Coyote's Journey
  • 02t
    星野道夫の暮らし

    Coyote's Journey
  • 01t
    コヨーテの音楽
    Soundtrack for Coyote

    Music for Travelers
  • 02t
    コヨーテの音楽
    Soundtrack for Coyote

    Music for Travelers
  • 01t
    ジャンフランコ・ロージ監督
    『ローマ環状線、
    めぐりゆく人生たち』

    Cinema & Books
  • 05
    コヨーテの音楽
    Soundtrack for Coyote

    Music for Travelers
cover_53_fin_ol
COYOTE  No.53
特集:
アラスカ 星野道夫の暮らし
2014年9月15日発売
1,080円 (うち税 80円)
house
テッド・クーザー×
ジョン・クラッセン×
柴田元幸

木に持ちあげられた家
2014年10月25日発売
2,052円
(うち税 152円)
yukon
佐藤秀明写真集
Yukon
2014年10月15日発売
1,296円
(うち税 96円)
book_american
柴田元幸翻訳叢書
『アメリカン・マスターピース』
2013年10月05日発売
2,268円 (うち税 168円)
kkrh_01
柴田元幸翻訳叢書
アーネスト・
ヘミングウェイ

『こころ朗らなれ、誰もみな』
2012年11月15日発売
2,592円 (うち税 192円)
SW3301
Vol.33 No.1
ネ申ゲー1oo ゲームが未来を変える
2014年12月20日発売
972円 (うち税 72円)