coyote_img.jpg

Coyote's Journey

星野道夫の暮らし


写真/星野道夫
text by Coyote



「原野にぽつんとひとりぼっち寂しくないですか?」
 ある講演の最後、高校生の質問に星野道夫はこう答えた。
「一カ月もキャンプ生活を続けるというのは異常なことですね。
でも自然を眺めていると、刻一刻目まぐるしく辺りが変わっていきますから飽きないです。
人恋しくなるという気持ちは普通に生活しているとなかなか味わえないものです」
 星野道夫は一人で原野に立ち、動物を観察し、人と出会い、物語を拾遺していった。
思えば16歳で好きなことをしていこうと思った彼はいつも僕たちの先を歩いていた。
アラスカは未知なる世界だったけれど、星野道夫の写真と文章に想いを馳せると、
悠久の自然を近くに想像することができた。
 冬になると星野は日本に帰国し、原稿書きや写真のセレクトをした。
彼は日本とアラスカを行き来し、雑誌に記事を掲載して、本を刊行した。
 あるとき星野道夫は友人にこう言われた。
「ミチオは冬になると日本に帰っていくけれど、アラスカの冬は長く暗く凍るように寒い。
でもこの冬にこそアラスカの本質があるんだ」
 自然に寄り添って生きるために、もっとアラスカを理解するために、星野は家を探した。
「どうしてここに住んでいるのですか?」
 星野道夫がアラスカの原野で暮らす人々を訪ねた時にいつも訊いた質問だった。
なお懐深い自然を理解するために。
  • 02t
    NEWシシュマレフ校の子供たち
    わたしにオーロラの輝きを!

    Coyote's Journey
  • 01
    NEWサワドウ・ホットケーキの朝食
    クリフォード・ウェイオワナ一家の暮らし

    Coyote's Journey
  • 07t
    NEW名前のない通りを散歩する
    「シシュマレフ村の家並み」

    Coyote's Journey
  • 06t
    Coyote meets SUNSHINE + CLOUD
    トーク&出張ラブナイトLIVE

    Hints & Events
  • 05t
    Coyote on Radio!
    【Coyote Traveling〜
    星野道夫の世界】

    Hints & Events
  • 04t
    RED OBSESSION
    『世界一美しいボルドーの秘密』

    Cinema & Books
  • 03
    星野道夫の暮らし

    Coyote's Journey
  • 02t
    星野道夫の暮らし

    Coyote's Journey
  • 01t
    コヨーテの音楽
    Soundtrack for Coyote

    Music for Travelers
  • 02t
    コヨーテの音楽
    Soundtrack for Coyote

    Music for Travelers
  • 01t
    ジャンフランコ・ロージ監督
    『ローマ環状線、
    めぐりゆく人生たち』

    Cinema & Books
  • 05
    コヨーテの音楽
    Soundtrack for Coyote

    Music for Travelers
cover_53_fin_ol
COYOTE  No.53
特集:
アラスカ 星野道夫の暮らし
2014年9月15日発売
1,080円 (うち税 80円)
house
テッド・クーザー×
ジョン・クラッセン×
柴田元幸

木に持ちあげられた家
2014年10月25日発売
2,052円
(うち税 152円)
yukon
佐藤秀明写真集
Yukon
2014年10月15日発売
1,296円
(うち税 96円)
book_american
柴田元幸翻訳叢書
『アメリカン・マスターピース』
2013年10月05日発売
2,268円 (うち税 168円)
kkrh_01
柴田元幸翻訳叢書
アーネスト・
ヘミングウェイ

『こころ朗らなれ、誰もみな』
2012年11月15日発売
2,592円 (うち税 192円)
SW3301
Vol.33 No.1
ネ申ゲー1oo ゲームが未来を変える
2014年12月20日発売
972円 (うち税 72円)