coyote_img.jpg

 朝から粉雪の舞う、気温の低い日だった。学校の役員をしているクリフォード・ウェイオワナが電話を一本入れ、取材の了解をとりつけてくれた。娘のティナも学校の食堂のコックとして働いている。

 イヌピアック・エスキモーの村であったシシュマレフには、白人もふくめ、外から入ってきた人々が増えている。そのようななかでどのように伝統文化を継承してゆくか。
 授業では伝統的なイヌピアック・エスキモーのことばと文化を学ぶ時間が設けられている。セイウチの牙やクジラのヒゲなどを使った伝統的な工芸品を学ぶ時間も用意されている。クリフォードの家の棚にも、子どもたちのつくったものが並べて飾ってあった。
 アラスカ本土でも、シシュマレフ村でつくられたものの評価はもともと高いようだ(アラスカ大学の博物館ミュージアムショップで販売されている工芸品を見ると、シシュマレフでつくられたものが少なくなかった。小さなものでも、数万円するものがある)。

 工芸品の授業には、毛皮など材料の下準備やサポートのため、村の人々もボランティアで参加している。
 シシュマレフ学校に掲げられている標語。
「Norhern lights shine on me!」
 わたしにオーロラの輝きを!


シシュマレフ島のイヌピアット・エスキモーのことばを学ぶ授業もあり、狩猟に使われる道具や使い方の説明も、担当の先生の手書きの図解入りで、エスキモーの言葉で伝えている。狩猟に一緒にでかける機会は以前より増えている。教育が未来への後押しになっていると感じた。

発売中『Coyote』第53号より

  • 02t
    NEWシシュマレフ校の子供たち
    わたしにオーロラの輝きを!

    Coyote's Journey
  • 01
    NEWサワドウ・ホットケーキの朝食
    クリフォード・ウェイオワナ一家の暮らし

    Coyote's Journey
  • 07t
    NEW名前のない通りを散歩する
    「シシュマレフ村の家並み」

    Coyote's Journey
  • 06t
    Coyote meets SUNSHINE + CLOUD
    トーク&出張ラブナイトLIVE

    Hints & Events
  • 05t
    Coyote on Radio!
    【Coyote Traveling〜
    星野道夫の世界】

    Hints & Events
  • 04t
    RED OBSESSION
    『世界一美しいボルドーの秘密』

    Cinema & Books
  • 03
    星野道夫の暮らし

    Coyote's Journey
  • 02t
    星野道夫の暮らし

    Coyote's Journey
  • 01t
    コヨーテの音楽
    Soundtrack for Coyote

    Music for Travelers
  • 02t
    コヨーテの音楽
    Soundtrack for Coyote

    Music for Travelers
  • 01t
    ジャンフランコ・ロージ監督
    『ローマ環状線、
    めぐりゆく人生たち』

    Cinema & Books
  • 05
    コヨーテの音楽
    Soundtrack for Coyote

    Music for Travelers
cover_53_fin_ol
COYOTE  No.53
特集:
アラスカ 星野道夫の暮らし
2014年9月15日発売
1,080円 (うち税 80円)
house
テッド・クーザー×
ジョン・クラッセン×
柴田元幸

木に持ちあげられた家
2014年10月25日発売
2,052円
(うち税 152円)
yukon
佐藤秀明写真集
Yukon
2014年10月15日発売
1,296円
(うち税 96円)
book_american
柴田元幸翻訳叢書
『アメリカン・マスターピース』
2013年10月05日発売
2,268円 (うち税 168円)
kkrh_01
柴田元幸翻訳叢書
アーネスト・
ヘミングウェイ

『こころ朗らなれ、誰もみな』
2012年11月15日発売
2,592円 (うち税 192円)
SW3301
Vol.33 No.1
ネ申ゲー1oo ゲームが未来を変える
2014年12月20日発売
972円 (うち税 72円)